新潟で多くの見込み客の感情に訴求するホームページ制作してます。


新潟ホームページ制作 RutuboTOP » 新潟で多くの見込み客の感情に訴求するホームページ制作してます。

新潟で多くの見込み客の感情に訴求するホームページ制作してます。

12月9日の月曜日、スッキリした天気で過ごしやすいです。

本日は近くの眼科に行ってコンタクトレンズを購入してきました。

生まれつき視野の一部(ほんの一部)が欠けていて、それを見た眼科の先生が緑内障でないかと心配して、視野検査をしました。

大分前に何年も継続して検査したことがあったので、自分では病気では無いのは分かっていましたが、改めて視野検査の機械を見て驚きました。

視野検査の機械の上には、見慣れた市販のニコンの一眼レフカメラが突き刺さっているのです。(因みに私はキャノンの一眼レフカメラを利用しています。)

「えっ!?」っと思って、両隣の機械を見渡しても、上に一眼レフカメラが突き刺さっている(説明し辛いですが、この表現しかない)のです。

医療用の機械に市販の一眼レフカメラが利用されているというのは勉強になりました。

一つの物事を多面的に見ると、新しい発見がありますね。

商品やサービスも同じことがいえるのではないでしょうか。

自社や自分のお店からの観点で商品やサービスを見ていても、お客様が望んでいることは何なのかは把握し辛いです。

お客様は、商品やサービスに何かしら「共感」して購入という行動に至るので、お客様視点というのが非常に大切になります。

「見込み客の立場になって考える」という視点はいつも持っていなければいけないと思います。

ホームページ制作でも、「見込み客の立場になって考える」ということは非常に大切です。

見込み客の事を理解していることを示すことで、感情を訴求し、問い合わせに繋がるのです。

簡単なことではないですが、お客様の気持ちになりきって、制作するようにすると良いですね。

集客や売上アップに繋がるホームページ制作を新潟でしてます。

興味のある方はメールや電話を下さい。

無料相談はこちら

ページトップへ